WORKS

事業案内

事業案内

SEO対策に強いからこそデザインの真価が問われるページ。
弊社は総合コンサルティング企業を目指しております。

弊社は、あらゆるインターネット上のHPプランディングや宣伝広告の強力なサポートチームとして、全てのお客様に御満足いただけるよう、WEBプロモーションに関わる信頼第一の総合コンサルティング企業を目指しております。ウェブサイトの制作をお考えならば、まずは我々にご相談ください。

Googleの検索アルゴリズムが変わり、
SEO対策にもより高度なページ構成が要求される。

Googleは、新しい検索アルゴリズム「Hummingbird」(ハミングバード)を導入したことを発表しました。Googleのランキングアルゴリズムの中核となるコアエンジンの切り替えで、検索結果の90%に影響を及ぼす大規模な変更です。このアルゴリズムは、長く複雑な検索クエリに対してより的確な、関連性が高いコンテンツ(ページ)を検索結果を提示できるようにする役割を持ちます。今回の変更は、1つ1つ個別の検索技術の追加・変更・置換ではなく、同社のランキングアルゴリズムの技術基盤全体をオーバーホール(刷新)したと位置づけられるとのことです。

Googleの検索アルゴリズムは何が変わったのか。
 
ハミングバードは複雑な検索クエリ、特に自然文検索のような文章形式で検索される場合(会話型検索)に効果を発揮します。会話(発話)検索は、検索利用者の検索時点のコンテクスト - 時間、場所、状況 - に応じて、例えば質問文や複数のフレーズなど長くなる傾向があります。従来のGoogleは検索クエリとして入力された1つ1つの言葉に着目して検索結果を返していましたが、同様のアプローチで自然文検索を処理すると、必ずしも適切な検索結果を表示できるとは限りませんでした。
つまり、入力された通りの1つ1つの単語をそのまま検索に利用すると検索意図には十分に合致するであろう関連性の高いページが(いくつかの単語が含まれていないという理由で)検索結果から外れてしまう可能性も高まってしまうことになります。
 
この問題を解決するために、ハミングバードの導入でGoogle は、クエリ全体の意味や背景の検索意図を汲み取って検索結果を返すように改良されています。つまり、必ずしも検索クエリ全ての文字列を含まなくても、意味的・文脈的に関連性が高いページのランク判定を適切に行うことにより、適合性の高い検索結果を表示できるようになっています。

弊社がご提供できるサービス
 
Googleの検索アルゴリズムが変わったことで、SEO対策・ウェブサイト制作にどのような変化が起こるのか?
変更直後ということもあり、データは少ないですが、「90%以上の検索結果に影響が出た」「ビッグキーワードで検索順位が大幅に下落している」等の報告があるのも事実です。
あらゆるインターネット上のHPプランディングや宣伝広告の強力なサポートチームとして、全てのお客様に御満足いただけるよう、WEBプロモーションに関わる信頼第一の総合コンサルティング企業を目指しております。